営業職の職務経歴書はどう書けば有利に働く?見本を参考に作ってみよう

営業職として転職を考えたとき、「一般的な職務経歴書の書き方以外に、何を気にして作成すればいいのか」「どんな点が評価されるのか」という点に戸惑う人も多いのではないでしょうか。なんとなくこう書けばいいのだろうという方向性がわかっても、企業側から求められるものをよく理解した職務経歴書とそうでないものでは、合否の結果も異なってくるはず。
そこでこの記事では、営業職の人材に求められる能力、職務経歴書に書くべき内容をまとめてご紹介します。どんなポイントをピックアップすると、企業側から興味を持ってもらえるのかがわかるでしょう。自分自身の経歴をより魅力的に見せ、書類の通過率を上げるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 営業に求められる能力を改めて認識しよう
  2. 営業の職務経歴書フォーマット
  3. 営業の職務経歴書のポイント
  4. 営業ならではのポイントを押さえることが成功につながる

営業に求められる能力を改めて認識しよう

まずは、企業側が採用活動を行うときに重視するポイントをご紹介しましょう。

 

コンスタントに成果を上げられる能力

企業が中途で営業職を採用する場合、基本的には即戦力を求めています。そのため、どんな状況であってもコンスタントに成果を上げられる能力をアピールするのが重要です。これまでの経験に基づき、「どのような工夫をしてコンスタントに成果を上げてきたのか」、「その方法はどう見つけ出したのか」などもあわせて伝えるようにすると、あなたの能力をより魅力的に表現できます。

 

折衝・コミュニケーション能力

営業職の場合、クライアントとの折衝力も重要視されるポイントです。何かトラブルがあったとき、価格交渉を持ちかけられたとき、大きな提案を通そうとするときなど、営業が折衝力を持っていればうまく進むことも多いため、企業側も注目する能力といえるでしょう。

 

営業プロセス構築と再現性

「営業プロセスを構築するときにどのような方法を用いているのか」、「他の人にも使えるナレッジとするために、どのような工夫をして再現性を高めたか」などのポイントは、今後管理職候補が欲しいと思っている企業であれば特に注目する点です。

 

営業の職務経歴書フォーマット

では次に営業の職務経歴書フォーマットを参考にしながら、営業職の職務経歴書で書くべき要素をまとめてご紹介します。

 

営業が特に書くべき要素

  • 営業先、商材、営業手法、クライアント規模、業界
    営業職といっても、営業先が法人・個人のどちらかによって求められる能力が異なりますし、商材の単価や特徴、営業手法などによっても育つ能力が違います。法人の場合は会社組織の力関係を理解した上でアプローチ・クロージングすることが重要ですし、個人の場合は長いお取引を続けていただくための関係性構築が重視されます。
    また、商材が高単価であれば、提案に至るまでのヒアリングや企業理解に時間を割く営業方法となります。逆に低単価の場合は、マスに対してアプローチする手法を作ることの方が売上に貢献できる場合もあります。
    営業手法も飛び込み・電話・メール・交流会とさまざまな手法があり、それぞれの手法によって適切な商材が変わってくるため重視する企業も多いです。
    また、取引クライアントの規模や業界はそのまま即戦力になれるかどうかに関わってくるため、気にする企業が多いです。志望先となる企業が攻略したい、あるいは分野として力を入れている業界・規模の経験をピックアップして伝えるようにしましょう。
    さらに勤めていた企業によって企業が行ってくれるもの、そして自分で行う業務範囲が異なります。どの範囲までを自分が行っていたのかを明確にするようにしましょう。例えば新規営業の場合のリスト作成や管理方法、営業手法の選定、汎用企画書の作成など、自分でやっていたものがあればその点も追記しておくのがおすすめです。
  • マネジメント経験
    マネジメントの経験があるようであれば、積極的に記述しておきましょう。営業リーダーやマネージャーなどを求めている企業は多いです。どのような点に注意してマネジメントを行って行ってきたのか、うまくいかなかったときにどのような対応をしたのかなどを書き、あなたならではの工夫を伝えるようにしましょう。
  • 実績
    営業で非常に重要なのが実績です。他と比較してどの程度優れていたのかがわかるように、受賞歴や達成率などで比較するとわかりやすいでしょう。また、新商品など今まで販売したことがなく、営業ナレッジも貯まっていない商材で販売実績があれば、新しく営業ナレッジを生み出したことにも繋がります。それでプラスの売上を作れたという実績もぜひ記述しておきましょう。
  • PCスキル、資格
    仕事にまつわる知識や資格の習得・簿記の知識・外国語・Microsoft Officeのスキルなど、仕事に役立てられるものはすべて書いておきましょう。営業職自体の資格はありませんが、業界によって役立つスキルや資格はたくさんあるはずです。

 

営業の職務経歴書のポイント

では最後に、営業職として職務経歴書を書くときのポイントについてまとめます。

 

営業の実績を比較して優秀さをアピールする

営業で上げた実績を他者と比較し、優秀さをアピールすることが何よりも重要です。実績を上げるために行った行動、他者とは異なるポイントなどをまとめておくと、「たとえ業種が違ったとしても即戦力になってくれるだろう」などと高評価につながる可能性が高いです。

特に実績の値で他者と比較しておくと、あなたの能力の高さをアピールできるでしょう。

 

実績を元に工夫したポイントを記述する

実績を上げた理由についても、まとめて書いておくことが重要です。面接ではまた別の実績が伝えられるように用意しておき、書面でもわかりやすく実績が上げられた経緯や工夫などを書いておきましょう。

市場影響や企業要因ではないかなど、あなたの能力によって出された実績なのかと疑われないよう、同じ条件で働いていた人との比較をしておくと、企業側にも伝わるはずです。

 

マネジメント経験があれば記載

マネジメントの経験があれば、入社何年目の新卒あるいは中途の人材を何名、どのような営業先・商材・営業手法で合わせて何社程度、どれだけの成果を上げさせたのかということをわかりやすく数値で記述しておきましょう。

マネジメントの点で苦労したこと、それをどのように解決したのかなどあなたが工夫したポイントを書いておくと、マネジメント能力をイメージしやすくなります。

 

営業ならではのポイントを押さえることが成功につながる

営業として見られる能力・職務経歴書に書いておくべき要素をまとめてご紹介しました。実績を元にしてあなたの魅力が伝わりやすくなるよう、工夫したポイントをまとめておくのがおすすめです。ぜひ自分の経歴や実績を棚卸ししておき、書類をらくらく通過できる職務経歴書を仕上げてみてください。

 

職務経歴書のフォーマット

職務経歴書 / Word形式(A4)

 

他の職務経歴書書き方のコツを見る

ページを見た人が
チェックする求人

15秒

ページ上部へ